5 薬物乱用防止に関する指導内容

学校における薬物乱用防止に関する指導目標を実現するためには、次のような授業内容が考えられます。(本サイトⅢをご参照下さい)
1、薬物乱用、依存の成り立ちについて
(1)薬物乱用とは
(2)薬物乱用の現状
(3)薬物乱用・依存の悪循環
(4)医薬品等の正しい使用法
2、薬物乱用の心身への影響について
(1)シンナーなど有機溶剤の害
(2)大麻(マリファナ)の害間覚せい剤の害
(3)その他の薬物の害
3、薬物乱用関連の社会的問題について
(1)青少年の人格発達課題
(2)乱用者を取り巻く問題
(3)薬物関連の事件・事犯
4、薬物乱用防止の対策について
(1)取り締まり強化と法規制
(2)国際協力の推進
(3)薬物乱用を許さない社会環境づくり
5、意志決定能力の育成について
(1)生徒の健全育成
(2)薬物乱用に対する誘惑からの回避
これらの項目のなかから、生徒の状況を判断し、生徒の必要とする内容を適切に選択して指導することが大切です。また、薬物乱用を単なる非行問題としてとらえるのではなく、健康を守るための行動の問題として考え、子どもたちに自分の生き方に関わることを理解させ、生涯にわたって薬物を乱用しない態度を育成することが肝心です。