1 平成六年度活動報告について

東京都公立高等学校第二学区PTA連合会平成六年度学区長 福田恒治

この冊子は、東京都公立高等学校第二学区PTA連合会における平成六年度の活動をまとめたものである。平成六年度本連合会は、一貫して高校生の飲酒・喫煙問題についての取り組を行なった。それはPTAが生徒のための組織であり、生徒を視野に入れたPTA活動を行うべきであるとの基本認識に立ち、近時、高校生の聞に飲酒・喫煙が広がり、それによる健康上の害が指摘されるという事実を前提としたものである。翻ってみると、未成年者の飲酒・喫煙は古くから禁止され、これに違反した生徒は何らかの指導や注意を受けてきたはずである。その予防的効果は、必ずしも十分ではなかったと言わざるをえない。その原因の一つは、飲酒・喫煙問題に対する私達の教育、指導あるいは対応が、たまたま発覚した事実に対する事後的、個別的な対処に傾きがちであり、家庭教育や健康教育などの観点からの取り組が不足していることにあると言えないだろうか。また、相手が高校生ともなれば、私たちの行なう教育、指導のあり方にも一層の工夫と創意が求められるはずであるが、そのための努力が不足していたと一宮早えないだろうか。このような問題意識を持って私たちは取り組んだ。
同時に私たちは、飲酒・喫煙の広がりと言う事実を直視すると共に、飲酒・喫煙はどの高校生も等しく誘惑を受けやすく、また、簡単にアクセス出来る存在であることなどを考慮し、それを直ちに他の問難題行動などと結び付けるのではなく、「実り豊かな高校生活を生徒と共に考える」という視点から、家恥庭教育や健康教育などの一環として、事前かっ要望的に対処する必要のあることを強調した。さらにいえば、私たちは飲酒喫煙問題をきっかけとして、家庭教育や健康教育などのあり方を再検討し、充実を図ると共に、その実践活動が「実り豊かな高校生活をともに考える」出発点となることを期待した。
かくして私たちは、飲酒・喫煙に関する生徒の意識と行動および保護者による指導の実際を、正しく把握し、その中から問題の所在を認識する必要があると考え、Step1として、生徒および保護者を的対象とするアンケートを実施した。これと並行して、Step2およびStep3として、一泊研修会および全体研修会を実施した。一泊研修会では飲酒・喫煙問題を切り口として、家庭教育と学校教育の交錯する領域の問題点を確認しあった。また、全体研修会では、未成年者の飲酒喫煙による健康上の害得について、専門家を講師とする講演会を開催し、効果的な教育、指導を行なうための基礎的知識の習得を図った。アンケート調査の概括的集計を終えた時点で、Step4として、保護者と先生と生徒によるシンポジュウムを開催し、高校生の飲酒・喫煙問題について自由に語り合った。参加した生徒は、率直に事実ないし意見を述べ、その「生の声」は、改めて問題の所在を私たちに認識させた。